彷徨する旅のアーカイブ

旅先や日常の中で琴線に触れたものたちを、フィルムカメラ+αで撮影した写真と共に紹介します。

三角天草+αひとり旅2【天草・本渡編】

宇城市三角町から天草市本渡町までは快速バスで約1時間半ほど。快晴の空と小さな島がぽこぽこ浮かぶ海を車窓から眺めていると、ついに天草に足を踏み入れるのだなぁとワクワクしてきました。

なんてことない動画だけどアップしてみたよ。最初まさかの満員でこんな席にしか座れず。そしてなぜか非常口に捕らわれる今回の旅…。

商店街ぶらぶら

本渡町に着き、まずはお宿にチェックイン!14時前にやっとお昼ごはんにありつくことができました。天草といえばちゃんぽんだよね!?と、食べる気満々だったのに(ちゃんぽん麺苦手だけど)、宿近くに見つけた亜寿多ラーメンさんのオリーブ塩ラーメンが気になってつい注文。もちろん餃子も欠かせません。ラーメンも餃子もわたし好みでとっても美味しかったー!

f:id:salomery:20210316195734j:image(FUJIFILM X-T3)

満腹になった後は、ラーメン屋さんの近くにある年季の入った石造の祇園橋へ。天保3年(1832年)に架設されたもので、すさまじい存在感を放ってました。この付近は寛永14年(1637年)の島原の乱で天草四郎率いる一揆勢と唐津軍が激突した場所。両軍の戦死者により川は血に染まったそうです…。橋の向かいにはその名の由来である祇園神社があります。


f:id:salomery:20210316200127j:image

f:id:salomery:20210316200123j:image

(film)

f:id:salomery:20210316200400j:image祇園橋の近くにあった建物。木のフォントがたまらない!(FUJIFILM X-T3)

ぷらぷらしながら商店街へ。シャッター商店街っぷりが際立っていて、なんだか寂しかったです。

f:id:salomery:20210316201143j:image

(FUJIFILM X-T3)

 天草では野良猫にもたくさん出会ったよ。

f:id:salomery:20210316233212j:image

f:id:salomery:20210316233259j:plain

f:id:salomery:20210316233255j:plain

f:id:salomery:20210316205457j:plain
(film)

銭湯を改装したおもちゃのかわうちさんは、水色の建物やタイルが可愛かったー。入口からちょっとのぞいてみたら、おっちゃんがひとり何やら静かに作業してたので入る勇気が出ませんでした…。


f:id:salomery:20210316201447j:image

f:id:salomery:20210316201452j:image

f:id:salomery:20210316201455j:image

(FUJIFILM X-T3)

気になっていカフェ「本屋と活版印刷所の屋根裏」さんでは、2階の素敵な青い空間でアイスコーヒーをいただきました。本のチョイスがとてつもなくわたし好みで気になるものがたくさんあった!ギャラリーとしても使われているのか、この日は写真展も開催。大あくびするモノノケみたいな黒猫も可愛かったよ。


f:id:salomery:20210316205238j:image

f:id:salomery:20210316205232j:image

f:id:salomery:20210316205228j:image

f:id:salomery:20210316205323j:image

f:id:salomery:20210316205327j:image

f:id:salomery:20210316205320j:image

1階は本屋でした。(上段:iPhone SE2、下段:FUJIFILM X-T3)

お土産物を販売している玉木商店さんでは天草銘菓を購入。お店のご夫婦がとてもいい人たちでおもしろかった!おっぱい岩チョコもオススメされたよ(笑)なんでも潮がひくとそのように見える岩があるらしい。四郎の初恋(餅にいちじくのお菓子)はめちゃ美味しかったので、特に女子への天草土産にオススメです。

f:id:salomery:20210316202240j:image

f:id:salomery:20210316202236j:image

(FUJIFILM X-T3)

潜伏キリシタン弾圧の歴史

そしてせっかく天草にきたのであれば、潜伏キリシタンの歴史についても触れたい。本渡町には島原の乱での戦死者を祀った殉教千人塚や、1589年の天草五党の乱で小西行長・加藤清正軍に囲まれ領民とたてこもって滅びた城跡、天草キリシタン館(時間の関係で中には入らず)もありました。


f:id:salomery:20210316221801j:image

f:id:salomery:20210316221806j:image

f:id:salomery:20210316221756j:image

(FUJIFILM X-T3)

f:id:salomery:20210316221859j:image

(film)

明徳寺

殉教公園からほど近い明徳寺は、島原の乱後の人々の心の平定とキリスト教からの改宗を目的として1645年に建立された曹洞宗の禅寺です。キリシタン弾圧の歴史を思うといろいろと感じるものがあります。1714年に建てられたゴージャスな山門には、迫力ある仁王がいらっしゃいました。

f:id:salomery:20210316222742j:image


f:id:salomery:20210316222822j:image

f:id:salomery:20210316222826j:image

お寺には閻魔さま(全国閻魔さま巡りしたい)と、なにやらとてつもなくエロティックな弁財天さまも…。好きなものに偶然出会えてしまうよろこび…!!

f:id:salomery:20210316223049j:image三白眼な閻魔大王

f:id:salomery:20210316223142j:image

ぜひ細部まで見てほしい艶かしい弁財天。作った人のこだわりを感じます…(FUJIFILM X-T3)

階段に刻まれた十字架

f:id:salomery:20210316224217j:image(FUJIFILM X-T3)

お寺へと続く階段にはあちこちに十字の印が残っています。踏み絵の役割として刻まれているというのが通説ですが、その場で色々とお話してくださったお寺の方曰く「宗教が違っても信仰することは同じ」という意味が込められているのではないか…(正確には覚えてないんだけどこのようなニュアンスだった)とのことだった。実際のことはわからないけれど、どうせなら優しい意味の方がいいなぁと、その話を聞いて思ったのでした。

栄美屋旅館

f:id:salomery:20210316224611j:image

f:id:salomery:20210316225601j:image

(FUJIFILM X-T3)

日も暮れてきたので宿へと戻り、夕食をいただきます。

f:id:salomery:20210316225355j:image


f:id:salomery:20210316225400j:image

f:id:salomery:20210316225405j:image

(FUJIFILM X-T3)

とても美味しかったー!生あおさのお味噌汁が特に美味!!あとあたしゃ西京焼きが大好きなんだよ…(思い出すだけでよだれ)。

f:id:salomery:20210316230822j:imageミニライオンの湯口のある昭和レトロなお風呂も可愛かった。(FUJIFILM X-T3)

f:id:salomery:20210316230545j:image清く正しく美しい朝ごはん。毎日こんなん食べたい…(FUJIFILM X-T3)

今回のお宿は二食付きGOTOトラベル価格で6500円ほどでした(1000円クーポン付き)。最高すぎる~。またGO TO再開されたら大いに活用したいです。こんな状況だし、もっとひとり旅を優遇するGO TOだといいんだけどなぁ〜。それだと経済効果が上がらないのかしら…。

朝の散策でレトロ発見

翌朝は早めに宿を出て、次なる目的地に向かうためにバス停へと向かいます。するともろ好みの魅力的な建物を発見!

f:id:salomery:20210316231518j:image

(FUJIFILM X-T3)

f:id:salomery:20210316231513j:image

元病院とかなのかな?星がきらきら〜(film)

そしてめちゃくちゃ楽しそうな映画館も!当初本渡町を観光予定にしておらず何にも調べていなかったので、きっとまだまだ見逃しているところがあるんだろうなぁー。思いもよらず、早朝からレトロ散歩ができてうれしかったです。

f:id:salomery:20210316231610j:image


f:id:salomery:20210316231719j:image

f:id:salomery:20210316231715j:image

f:id:salomery:20210317161655j:image映画館の向かいの建物にはレトロなステンドグラスもありました。(FUJIFILM X-T3)

さて、バスに乗り込み、下田温泉で乗り換えて約1時間半。今回の旅のメインへといよいよ参ります。

f:id:salomery:20210316232034j:image

バスを乗り換えるためだけに降りた下田温泉。いつか行ってみたい(FUJIFILM X-T3)

三角天草+αひとり旅【天草・﨑津編】につづく▶︎▷▶︎

daydreamering.com