彷徨する旅のアーカイブ

旅先や日常で出会った「非日常」の記録。フィルムとデジタルで撮影します。

宇宙人仁王に会いにゆく vol.1【金乗院編】

佐賀県神埼郡にある吉野ヶ里遺跡からそう遠くない場所に、金乗院という天台宗のお寺があります。今回はこちらのお寺にいらっしゃる個性的な仁王さんズに会いに行ってきました。

CONTENTS

金乗院

福岡からJR鳥栖駅で下車し、バスに乗り換えお寺へと向かいます。鳥栖駅から最寄りのバス停までバスで約30分ほど。

f:id:salomery:20210801163229j:plain

f:id:salomery:20210801163214j:plain

のんびり写真を撮りながら向かいます。

バス停から徒歩15分ほどで金乗院に到着します。

f:id:salomery:20210801173209j:plain

f:id:salomery:20210801163359j:plain

歴史のあるお寺のようです

実は今回、2度目の訪問でした。前回は境内で花壇のお手入れ等をしていたおばちゃん(檀家さん?)に、撮影や参拝の仕方等に色々と注意され意気消沈してしまい、満足に見学することのないままお寺を後にした残念な経緯がありました。今回はまず先に住職さんに撮影の許可をもらおうと本堂へと向かいます。するとなにやらたくさんの人の気配と加持祈祷の声…。そして落ち葉の掃除をするあの時のおばちゃんが…!今は大事な祈祷をしているから、それが終わってからまた来るようにとのことでした。そう長くはかからないとのことなので、祈祷が終わるまでの間、仁王さまのお堂や、神社をお参りして待たせてもらうことに。

開山堂〜稲荷神社

まずは仁王さまがお守りする開山堂へ。

f:id:salomery:20210801163552j:plain

お堂の入口の左右にある格子の中にいらっしゃいます。

f:id:salomery:20210801163341j:plain

f:id:salomery:20210801163317j:plain

f:id:salomery:20210801163326j:plain

一度見たら忘れられない迫力満点のお姿

この頭と体のアンバランスさよ!目玉も大きくてまるで宇宙人のよう…!!睨まれたら目をそらすことができません…。この「異形」のお姿に惚れ込んでしまいました。

f:id:salomery:20210801163334j:plain

ていうか草履ちっちゃくない?

f:id:salomery:20210801163547j:plain

こちらは前回訪れた時に友人が撮ってくれたもの。今にも食われそうだ…

開山堂の隣には神社があり、土足厳禁とのことでしたので、裸足になって連なる鳥居を進みます。

f:id:salomery:20210801163350j:plain

写真撮影は住職さんの許可を撮ってからと言われていたので、中の写真はありません

祠を囲むように池があり、鴨も泳いでいてなんとも穏やかで不思議な空間でした。祠自体は新しいものに作り替えられているもよう。昔のままの姿を見てみたかったなぁ。

朝方雨が降っていたので地面は水分を含んでおり、足は泥で汚れて大変なことに…(脱いだときはなんも考えてなかった阿呆)。ペットボトルの水で汚れを落とし、なんとかことなきを得ることができました。そしてその後すぐに手水を見つけるのであった…。

f:id:salomery:20210801171522j:plain

汚い足の裏見せてさーせん

護摩堂

前回入らなかった護摩堂にも行ってみました。

f:id:salomery:20210801173213j:plain
祭壇前の手すりに巻きつけられた色鮮やかな飾りが目に飛び込んできます。一体これはなんなのだろう…?

f:id:salomery:20210801163311j:plain

f:id:salomery:20210801163614j:plain

とても時代を感じさせる飾りもありました。色あせた鞠や人形も。

むくむくと興味がわいてきます。気になりつつも、そろそろ祈祷も終わってるかしら…と、本堂に行ってみることに。

お堂を出るとおばちゃんがいたので先ほど見たカラフルな飾りについて尋ねてみます。小さいてるてる坊主みたいなものは「乳首」を表していて(聞き間違いだったら恥ずかしい!)、安産祈願とのこと。年齢によって数とかが決まってるらしい。もっと知りたかったけど、おばちゃんは詳しいことはわからないとのことでした。(あとで住職さんに聞いてようと思ったのにすっかり忘れてたよね)

本堂
f:id:salomery:20210801173206j:image

本堂前の階段に座って待っていると、中から祈祷を受けてた人たちがぞろぞろと出てきました。するとなんと!手にはあのカラフルな飾りを持っているではありませんか…!!よく見てみると女性のお腹が少しふくらんでいます。一緒にいるのはきっと旦那様や両家のご両親だよね。「○○に作るのを手伝ってもらった…」というような会話が聞こえてきたので、もしかしたら自分たちで作るのかな?(興味津々!)この後きっとあのお堂に飾りを納めにいったんだろうなぁー。間近で実際に安産祈願をしている人たちを見れてとても嬉しかったです。

f:id:salomery:20210801163303j:plain

意味を知ってから見ると、愛や祈りの象徴に見えて泣きそうになる(泣かないけど)

まずは御朱印を書いてもらおうと住職さんをさがしていると、その場にいたおじさんが「あの人位の高い人だから書いてもらいなさい!」と教えてくれました。そうなの?もしかしてラッキーなの!??

f:id:salomery:20210708235331j:image

そして写真撮影の許可も無事もらうことができました。御本尊を撮るのはNGで、全体を撮るのはOK。一番の目的の仁王像の撮影は大丈夫とのことでした。

作られた時代や作者についてたずねると、本堂の御本尊である不動明王は作者がわかっているけど、仁王像は江戸時代初期に作られたことしかわからないとのことでした。制作年代がわかっただけでも嬉しい!

f:id:salomery:20210801163222j:plain

どんな人が作ったんだろうね〜(モノクロフィルムでも撮影)

余談ですが、後に調べたところ本尊の不動明王は秘仏で、24年に一度(!)公開されていて次は来年とのこと!!見に行きたいな〜。覚えていたら来年問い合わせてみようかな。

お寺にはちょっとわたし好みの不動明王が描かれた絵馬がありました。絵馬ハンターの血が騒ぎ、持ち帰ってはダメかと聞いてみたら、奉納するのでやはりNGとのこと。せめて写真撮らせてもらえばよかったなぁ…。

おまけの神埼観光

時間はとっくの昔に正午をすぎていてお腹はぺこぺこ。ちょうどいい時間のバスがなく、炎天下の中歩いてごはん屋さんへ向かうことにしました。ペットボトルの水も足を洗うために使っていたので大ピンチ!熱中症になる前にたどり着かねば…。

f:id:salomery:20210801184120j:plain

お寺の近くにとてもいい感じの古いお家(と向日葵)がありました。

f:id:salomery:20210801163405j:plain

かわいらしい睡蓮にも出会いました

約40分ほど歩いてなんとかラーメン屋さんに到着!!生きのびることができました。

f:id:salomery:20210801163522j:plain

f:id:salomery:20210801163419j:plain

ラーメン。それは命の水。

ラーメンを食べたあとはスイーツ休憩に「輪ごん」さんへ。このためにラーメン屋さんでライスも餃子頼まなかったんだから…!!

f:id:salomery:20210801163413j:plain

f:id:salomery:20210801163425j:plain

f:id:salomery:20210801163433j:plain

純和風に洋をプラスした内装。THE 昭和。すき。

吉野ヶ里駅から一駅の神埼駅で下車し、ひたすら歩いて写真を撮ります。あまりビビビとこなかったようで、フィルムではぜんぜん撮ってませんでした(なぜか食べ物はフィルムで撮ってるという…)。

f:id:salomery:20210801184151j:plain

元銀行の建物がありました。
f:id:salomery:20210801184133j:plain
f:id:salomery:20210801184158j:plain

ちらほら古い建物が残る通り

f:id:salomery:20210801184155j:plain

お昼食べてなかったらここで食べたかった!と思わせるいい感じのラーメン屋さん。宇宙に繋がる胃袋がほしい…

f:id:salomery:20210801184137j:plain

髭を生やした外国人風イラストの男性を猟奇殺人犯と呼ぶことにしています

f:id:salomery:20210801184141j:plain

プラモや!

もちろん神社にも行きました。遠征先での挨拶はかかせません。

f:id:salomery:20210801184148j:plain
f:id:salomery:20210801184144j:plain
なんと立派な…!!!

さんざん歩き回ったのでアイスコーヒー休憩。

f:id:salomery:20210801184129j:plain
f:id:salomery:20210801184125j:plain
ナポリタンが有名なお店のようです。お腹が空いていれば…

そのままハシゴして女子力高いスイーツを食べに行きます。(色々と食べすぎ…わかってる…)

f:id:salomery:20210801163459j:plain

f:id:salomery:20210801163506j:plain

可愛くて美味しかったよ

f:id:salomery:20210801192400j:plain

一番右の名前、いったいどうしたん…?

帰り着く頃にはとっぷりと日が暮れていました。

f:id:salomery:20210801163540j:plain

f:id:salomery:20210801163558j:plain

なんて美しい夕焼け。と、黄昏れる猫。

続報!第2の宇宙人仁王現る

後日、仁王像についてネットで調べていると、全国の仁王像を撮り歩いている方のサイトにたどり着きました。何気なくページを読んでいると、なんと!あの宇宙人仁王にそっくりな仁王像の写真が載っているではありませんか!!しかも神埼市から近い同じ佐賀県内のお寺。まさか…同じ仏師が作ったとか…??その可能性がよぎり、胸が高鳴ります。見に行ってみたい!!!というわけで、第二の宇宙人仁王編へと物語は続くのであった。

f:id:salomery:20210801163238j:plain

【使用カメラ】フィルム:OLYMPUS PEN FT、CONTAX T2、デジタル:iphone

▶▶▶宇宙人仁王に会いにゆく vol.2【妙覚寺編】へつづく