彷徨する旅のアーカイブ

旅先や日常の中で琴線に触れたものたちを、フィルムカメラ+αで撮影した写真と共に紹介します。

三角天草+αひとり旅3【天草・﨑津編】

福岡市→熊本市→宇城市三角町→天草市本渡町と電車とバスを乗り継いで、ついにたどり着いた﨑津集落!もう何年も前からずっと行ってみたかった場所。2018年には「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の1つとして登録されました。

﨑津集落散策

まずは荷物を天草市﨑津集落ガイダンスセンターに預けます(﨑津にはロッカーがない)。レンタサイクルもあったよー。スタッフがとても気持ちのよい方たちでなんだかほのぼのしました。

f:id:salomery:20210318222536j:image(FUJIFILM X-T3)

わくわくしながら歩みを進めると、さっそく好きな街並みが現れます。

f:id:salomery:20210317224635j:image(FUJIFILM X-T3)f:id:salomery:20210317231004j:image

f:id:salomery:20210318215615j:image

f:id:salomery:20210317231000j:image

f:id:salomery:20210318205720j:image


f:id:salomery:20210318205756j:image

f:id:salomery:20210318205751j:image

(film)

たまらん風景のオンパレード!!!

このまま彷徨ってるだけでもじゅうぶん楽しいのですが、より深く﨑津集落を知るために﨑津資料館みなと屋さんでまずは周辺の歴史をインプット。

f:id:salomery:20210317224801j:image


f:id:salomery:20210317224501j:image

f:id:salomery:20210317224505j:image

(FUJIFILM X-T3)

隣村だけど今富のウマンテラさま興味ぶかぁーい!羽根が生えてて剣のようなものを持って何かの生き物を踏み潰してる。潜伏キリシタンの信仰対象であったと考えられている江戸時代の石造物で、大天使ミカエルだけでなく修験道との繋がりもあるらしい。ちょうど修験道について興味を強く持っていた時期だったので大興奮!不思議と好きなものが繋がっていくのは楽しいし嬉しいなぁ。

﨑津教会やみなと屋さんと同じ道の並びにあるお店では、﨑津名物の「杉ようかん」が売られてました。見た目がとても可愛らしい〜。ピンクの部分にあんこが入っているんだって。食べてみたいけど悲しいかなあんこが食べれないので写真だけ…。元々は沖縄のお菓子で、約220年前に琉球王の使節団から伝わったものとのこと。沖縄にも今でもあるのかな?


f:id:salomery:20210317225310j:image

f:id:salomery:20210317225300j:image

(FUJIFILM X-T3)

教会×お寺×神社

そして今回の旅の一番の目玉である﨑津教会!この海辺の教会にずっと恋焦がれていたのです。念願叶ってやっと行くことができてうれしい〜!!

f:id:salomery:20210317230010j:image

(FUJIFILM X-T3)

1934年(昭和9)年頃に建てられたゴシック様式の教会は、五島列島出身の鉄川与助による設計。今回改めて調べてみたら、今まで訪れて好きだった教会や行ってみたい教会が彼の手によるものが多くてびっくりしました。内部は撮影禁止なので写真はありませんが畳が敷かれています。畳のある教会ってなんでこんなに落ち着くのだろう?(畳大好き昭和人間)

f:id:salomery:20210317230628j:image

f:id:salomery:20210317231905j:plain
f:id:salomery:20210317231822j:plain
f:id:salomery:20210317231909j:plain
f:id:salomery:20210317231817j:plain

(film)
側面をみると前と後ろで色が異なっていて、前はコンクリート、後ろは木材でできています。これは建設資金が足りなかったからと言われているそうです。ちなみに人っ子ひとり写っていませんが、やはり世界遺産の地。観光客も思ったよりもたくさんいてとても賑わっておりました。

さて、時間はちょうど正午。狙っていた人気のレストランにダッシュするも、オープン後すぐだったにも関わらず満席…。食い意地がはっているのでしぶとく13時に予約して約1時間ほど観光することにしました。目指したのは、三角町で見た海のピラミッドと同じくくまもとアートポリスの一環で作られた「教会の見えるチャペルの鐘展望公園」。山の上に木製の十字架や円形ステージがあるそうです。

Google mapで検索すると変な道を案内されたのですが、不安に思いつつも信じて突き進みます(そこでちゃんと調べていれば…)。途中、曹洞宗のお寺、普應軒にも寄りました。

f:id:salomery:20210318210222j:image

(FUJIFILM X-T3)
f:id:salomery:20210318210225j:image

敷地内では白猫が日向ぼっこ(film)

世界遺産登録後、教会と神社とお寺の三つの宗教の御朱印がいだけるようになったそうです。どうやらこちらのお寺でまとめて拝受できたらしい(神社や教会は無人でした)。せっかくだからもらっておけばよかったね。お寺では十字架のある墓石もいくつか見かけ、仏教徒のお墓と共存しているのがこの地区ならではでとても印象的でした。

f:id:salomery:20210318212901j:image

(FUJIFILM X-T3)

再び教会の見えるチャペルの鐘展望公園を目指して歩きます。

f:id:salomery:20210318213251j:image(FUJIFILM X-T3)

f:id:salomery:20210318213139j:image

f:id:salomery:20210318213136j:image花がとても綺麗でした(film)

Google mapに案内された場所に着くも、案の定どこにも山の上に行けるような道はない…。薄々そんな予感はしていたよ…?写真から推測して﨑津諏訪神社があやしいとにらみ(最初にいたとこあたり)、Uターンすることに。コンピューターにまかせっきりで、考えることをやめたらいけませんね…。

f:id:salomery:20210318214141j:image

神社から教会をのぞむ(film)

1651年に建立された﨑津諏訪神社は、潜伏キリシタンが発覚した1805年の天草崩れの際に、信徒たちが所有する信心具を差し出すよう指定された場所でもあります。氏子や仏教徒を装い、神社等へお参りする時も「あんめんりうす(アーメンデウス)」とオラショ(お祈り)を唱え、信仰を守り続けていたそうです。

教会の見えるチャペルの鐘展望公園

まずは神社にお参りし、さらに奥に進んでいくとやはり階段が!なんの立て看板もないし不安だけど意を決して登ってみることにしました。


f:id:salomery:20210318220508j:image

f:id:salomery:20210318220545j:image

マムシ注意の看板はありました…(FUJIFILM X-T3)

どこまでも続く階段(505段あったらしい)をぜーぜー言いながら10分近く?登り続けるとやっと展望台が~!!でも十字架は?十字架はどこ!?どこにも見当たらないよーーー。どうやら撤去されてるっぽい…?木製だし、時間と共に朽ちてしまったのかな…涙。


f:id:salomery:20210318215431j:image

f:id:salomery:20210318215437j:image

鐘のあるところに十字架がたっていたと思われる(FUJIFILM X-T3)

f:id:salomery:20210318215543j:plain﨑津教会を遠望できます(film)

残念ながら十字架は見れなかったけど、ここから眺める﨑津集落は素晴らしかったので登ってよかったです。せっかくなので鐘も鳴らしてみたよ。ひととおり楽しんだ後は、ランチの予約時間ギリギリだったので大急ぎで階段を降りるのでありました。

レストランシンフォニー

ランチは﨑津教会からほど近いレストランシンフォニーさんで。﨑津産にこだわった食材を使った料理を提供している人気のお店です。

f:id:salomery:20210318221800j:image(FUJIFILM X-T3)

ペスカトーレがめちゃ美味しかったー。お待たせしたから…ということで、紫色のテリーヌのサービスが♡デザートのティラミスもこの日たまたま誕生日の方がいらっしゃったみたいで、こちらもサービスとのことでした(通常のデザートよりもグレードアップ!)


f:id:salomery:20210318221851j:image

f:id:salomery:20210318221855j:image

f:id:salomery:20210318221920j:image

f:id:salomery:20210318221916j:image

(FUJIFILM X-T3)

あっという間に時が過ぎ、もうそろそろバスの時間。約4時間ほど﨑津に滞在してました。最後の最後に﨑津教会の撮影スポットへ駆け足で向かいます。海を挟んで反対側だったので、時間がないから猛ダッシュしたよー。慌てすぎて石の棒に足を打ちつけ悶絶の苦しみを味わうというハプニングも…(巨大青たんに育ちました)。そんな苦労もしたのにあまりうまく撮れなかった涙

f:id:salomery:20210318222140j:image遠すぎて思ったように撮れず…(film)
f:id:salomery:20210318222144j:image最後に出会ったまどろみ猫(film)

最後はいつものごとくバタバタしてしまったけれど、念願の崎津を満喫できて、とても満ち足りた気持ちで次なる目的地へと向かうのでありました。

f:id:salomery:20210318222504j:image

﨑津を去る頃にはだんだんあやしい雲行きに…(FUJIFILM X-T3)

三角天草+αひとり旅【天草・大江編】につづく▶︎▷▶︎

daydreamering.com