彷徨する旅のアーカイブ

旅先や日常で出会った「非日常」の記録

2024-01-01から1年間の記事一覧

06.冬の山形ひとり旅2024【山形市・建築めぐり編】最終回

かみのやま温泉駅から山形駅へと到着。 山形旅最後の舞台は山形市。陽は沈み、あたりはすでに薄暗くなっていました。 山形駅 CONTENTS カラフルな団子で彩られたホテル 全国で行われている伝統行事〜団子の木〜 居酒屋でひとり酒 朝ごはんはリーフパイ カト…

05.冬の山形ひとり旅2024【かみのやま温泉・加勢鳥ほろ酔い追っかけ編】

昨晩の大雨はすっかり上がり、うっすらとした雲の奥には透明感のある青空が見えています。 CONTENTS 上ノ山観音(水岸山 観音寺) 上山城 加勢鳥(かせどり)とは 変身、そして舞う 加勢鳥を楽しむためのエトセトラ 祝い水をかける 手拭いやタオルを巻く 藁…

04.冬の山形ひとり旅2024【かみのやま温泉・ふぢ金旅館編】

CONTENTS かみのやま温泉 土砂降りの温泉街 老舗お菓子店、十五屋本店 かみのやま温泉 湯町地区 ふぢ金旅館 まさかのハプニング勃発 明治時代と昭和初期に建てられた歴史ある旅館 居酒屋を求め彷徨う 地元の人たちで賑わう「つくし」 あふれる鶏皮愛、そして…

03.冬の山形ひとり旅2024【垂水遺跡編】

CONTENTS 移動開始 山寺駅 宝珠山立石寺(山寺) 最上三十三観音 第2番 山寺(天台宗 宝珠山 千手院) 旅の七つ道具のひとつを取り出す 森を抜けた先には・・・ 垂水遺跡 ムカサリ絵馬 お昼ごはんは、さくらんぼソフト 移動開始 瀬見温泉に別れを告げ、車窓…

02.冬の山形ひとり旅2024【嗚呼、麗しの喜至楼・後編】

喜至楼へと帰りついたのは17時過ぎ。18時からの夕食タイムまで温泉を楽しむことにいたしましょう。念願のローマ式千人風呂へ・・・!! CONTENTS まるで宇宙!ローマ式千人風呂 ギリシア神話のモザイク画 山形の郷土料理に舌鼓 美味しいお酒と旅館めしにダウ…

01.冬の山形ひとり旅2024【嗚呼、麗しの喜至楼・前編】

冬の東北に行きたい!雪にまみれたい・・・!!! そんな気持ちで何ヶ月も前から計画していた冬の東北旅。しかし今年は暖冬というではありませんか・・・。果たして夢の雪旅を体験することができるのか・・・。 生まれも育ちも生粋の九州の民は雪への憧れを…

⑤竹崎島正月ひとり旅2024【竹崎観世音寺修正会鬼祭・日中行編】

CONTENTS 雨の竹崎観世音寺 日中行 太鼓経・フレイ経 大聖棒(だいしょうぼう)打ち切り(1回目) 天狗拍子 大聖棒打ち切り(2回目) ヒザツキ 男面と女面 ビサラモンポー(毘沙羅門棒) 鉾突き 翁面 青蓮華・赤蓮華(しょうれんげしゃくれんげ) 五大忿怒王(…

④竹崎島正月ひとり旅2024【雨と猫と恵比寿の港町編】

CONTENTS はじめてのモーニングコール 赤岩島(あかいわさん) 雨の鹿山を登る 鹿大明神(ジャミジンサン) 行基菩薩を案内した鹿の夫婦 猫の雨宿り 恵比寿さまの住む港町 竹崎城址展望台でランチ 漁具資料館 はじめてのモーニングコール (何度も言うけど)…

③竹崎島正月ひとり旅2024【竹崎観世音寺修正会鬼祭・初夜行編】

CONTENTS 時計と地図のない旅のはじまり 竹崎城址展望台 夜燈鼻(やとうばな)灯台跡 夜燈鼻沖に住む鬼 展望台、再び 竹崎観世音寺修正会鬼祭(しゅしょうえおにまつり) 準備 初夜行 お経 太鼓経 童子舞 一福荘の洞窟温泉 時計と地図のない旅のはじまり 今…

②竹崎島正月ひとり旅2024【竹崎火山と天国からの地獄編】

CONTENTS 竹崎ひょうたん島 巨石と比翼塚 若武者と許嫁の悲恋物語 竹崎火山 楯石岩脈 竹崎観世音寺 竹崎港が噴火口!? 竹崎島の人びと 火山の痕跡を探す 竹崎カニ発祥の地 土星に降り立つ 竹崎火山ツアーを妄想する 天国からの地獄 たら竹崎温泉 一福荘 竹…

①竹崎島正月ひとり旅2024【竹崎カニを求めて三千里編】

2023年12月の暮れ。仕事もなんとか納まり(ほんとは納まってなかったけれど)、実家にも帰らないし、あとは大掃除して寝正月するだけ・・・そう思っていました。 「あと数日で今年も終わりか・・・さみしい年末年始だな・・・」 そんな風に思っていたかはよ…