彷徨する旅のアーカイブ

旅先や日常で出会った「非日常」の記録。フィルムとデジタルで撮影します。

玉名・中津・求菩提ひとり旅2020②【玉名展望館編】

疋野神社から玉名旅本命の場所へ、のんびり写真を撮りながら、てくてく歩いて向かいます。(が、歩くと一時間近くかるので、車での移動をオススメします…)

f:id:salomery:20210929231836j:plain

移動中に出会った猫。気持ち良さそうなのび〜

f:id:salomery:20210929231832j:plain

とてもとても古そうなお墓でした

f:id:salomery:20210929231842j:plain

右の写真は眼鏡橋

そしてついに到着です…!!!

CONTENTS

玉名展望館

玉名旅のメインディッシュ!高崎正治さん設計による玉名展望館だ〜!!!

f:id:salomery:20210929231933j:plain

f:id:salomery:20210929231921j:plain

f:id:salomery:20210929231929j:plain

f:id:salomery:20210929231947j:plain

f:id:salomery:20210929231925j:plain

モノクロがとんでもなく似合う!!!

なんてカッコイイ建物なのだ〜!!!

宇宙と交信しそうだし、ノアの方舟にも見えるし(ハウルの動く城とかね)、軍艦みたいにも見える。もうね、ぜったいモノクロが似合うと思って、モノクロフィルムを入れて撮ったんだ。

f:id:salomery:20210929231916j:plain

ロケットみたい

f:id:salomery:20210929231904j:plain

この鏡の裏側に、秘密の空間がありました(このドアは開きません)

見た目は未来的だけど(昔の人が夢見たような)、原始的な宗教が息づいているかのようでした。

以下、熊本県のサイトより抜粋

建築は、3層から構成され、地上部分は、人々が触れ合う場としての「地の座」、階段を登ると、周囲の自然との交歓の場である「雲の座」がイメージされ、最頂部には、天を望む「星の座」が置かれている。中央に据えられた玉の室“ゼロの空間”は小宇宙を象徴し、幸福の象徴であるハスの花と、玉名の発展を寓意する3本の矢とともに、複雑かつ不思議な環境生命体としてのフォルムを創り出している。

宗教的な匂いを感じ取ったのは間違いなかったようです。なんとすぐ隣には古墳まであります。

f:id:salomery:20210929232041j:plain

玉名展望館から見下ろす古墳

ゼロの空間

鏡のドアの後ろに入れる隙間があったので(鳥の糞がすごかった!)、中に入ってみると不思議な空間が広がってました。おそらくこちらが「ゼロの空間」。

f:id:salomery:20210930222618j:plain

f:id:salomery:20210929232104j:plain

f:id:salomery:20210929232059j:plain

f:id:salomery:20210929232055j:plain

まるで秘密結社の儀式にでも使われそう…どきどき

シャッターが止まりません。こんな見応えのある建物なかなかないよ!

f:id:salomery:20210929232037j:plain

f:id:salomery:20210929232046j:plain

f:id:salomery:20210929231955j:plain

f:id:salomery:20210929231951j:plain

階段もかっこいい!!!

ちなみに高橋さんの建築は、鹿児島県の指宿にある「なのはな館」で知りました。

f:id:salomery:20210930221117j:plain

これはほんの一部

こちらの建物群も最高によすぎるので(Googleのレビューを読むと、地元の人には評判悪そうなのが悲しい…)、また改めてちゃんと写真を撮りに訪れたいです。高崎さんの建築は、とっても面白くて大好物なので、他の建物もおいおい見に行きたいです。たのしみだー!

f:id:salomery:20210929232130j:plain

f:id:salomery:20210929232118j:plain

f:id:salomery:20210929232032j:plain

もうおなかいっぱいですか、そうですか

しかし不思議な建物すぎて、なかなか写真撮るのが難しかった。もっとカッコよく撮れるはずなのに…。悔しい。あと、この建物でポートレート撮ったらとても素敵だと思います。

玉名ラーメン

玉名展望館を独り占め状態で写真を撮りまくって大満足したあとは、「麺の小やま」さんで、白のラーメンと餃子とスープをかけるお茶漬けをいただきました。

f:id:salomery:20210930220553j:image


f:id:salomery:20210930220618j:image

f:id:salomery:20210930220621j:image

玉名ラーメンは熊本ラーメンのルーツ(玉名ラーメンも久留米がルーツらしい)。今回のお店は、昔ながらの玉名ラーメンとは違う系統らしいので、元祖の方も食べてみたいなぁ。小やまさんも美味しかったよ。

おまけのネオン

ごはんを食べ終わり、歩きながら宿に向かっているとレトロで可愛いパチンコ屋さんのネオンが〜。好き好き好き。

f:id:salomery:20210929214828j:plain

f:id:salomery:20210929214830j:plain

明かりがついてないのがざんねん!

お宿の温泉は熱すぎず入りやすいお湯でした(熱いの苦手。ぬる湯が好き)。めちゃくちゃ歩いたから足も痛くてもう一歩も歩けない…っていう状態だったのに、次の日には復活していたので温泉パワーすぎょい。

f:id:salomery:20210929231912j:plain

【使用カメラ】フィルム:OLYMPUS PEN FT、デジタル:FUJIFILM X-T3、iPhone

玉名・中津・求菩提ひとり旅2020③ へつづく▶︎▶︎▶︎